プロフィール

佐倉 十朗

Author:佐倉 十朗
少年のような心を忘れないっていうと聞こえがいいですが、それって大人になりきれてないっていうことですよね…。

座右の銘

yellowowl.jpg

バルジオンさえあれば。

Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MR.TAXI

いつも拍手ありがとうございます。
えー、ご覧になっている方がいると思うと更新の励みになります。

昨日赤穂浪士のお話を書いたので(タイトルだけ)ついでにこれも書き記しておこうと思います。

皆様(つっても一日40~50の閲覧数なので呼びかける相手は知れている)タクシーに乗った時に運転手さんと話す派ですか?話さない派ですか?
私は基本相手によりますがわりとお話してしまいます。
だって退屈なんだもん♪←中年男が使うときもい


何年か前に神奈川県内でタクシーに乗った時のことです。
運転手さんと映画の話になりました。
その運転手さんの知り合いのおばあちゃんが時代劇好きで自宅で昔の時代劇のビデオを見ながらお茶会を催しているという話が始まりました。何千本という時代劇のビデオ(もちろんVHS)のコレクションの中からテーマを決めて2、3本チョイス、週末に皆さんで見るというお茶会です。
中でもおばあちゃんのお気に入りは萬屋錦之介さん。
今までで一番笑ったのはそのおばあちゃんの「忠臣蔵~萬屋錦之介よ永遠に~」というビデオだったそうなんですが、なんとこのビデオ、まるっきりインチキ。
若いころの萬屋錦之介さんが演じる大石内蔵助が年をとった萬屋錦之介さんが演じる浅野内匠頭の仇をとるという無茶苦茶な編集…。
でもそこはおばあちゃんの萬屋錦之介さんへの愛でカバー。しかもこの時はPCでインチキポスターまで作って自宅に貼っていたというから聞いた私も大笑い。


そんな素敵なおばあちゃん、紹介してもらえば良かったと後で思いました。←なんか自分に近いものを感じている

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< あしあとチェック | ホーム | 赤穂48 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。