プロフィール

佐倉 十朗

Author:佐倉 十朗
少年のような心を忘れないっていうと聞こえがいいですが、それって大人になりきれてないっていうことですよね…。

座右の銘

yellowowl.jpg

バルジオンさえあれば。

Archive Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らはみんな生きている

生きているからつらいんだ~。と歌ったのはよつばと!でしたが、実際のところはこうですよね。

♪何かを売って生きている~。

さぁ、おっさんの繰り言タイム!興味のある方のみ展開希望!

ある意味、ロバート・キヨサキさんの受け売り部分があるのは認めたうえでの持論展開になってしまいますが…。

この世界では、私たちは常に何かをお金という共通単位に変えて生きています。常に何かを売って生きているのです。それが労働としての対価であったり、物質を流通させての対価であったり、想像したものの対価であったり。また、「資格」に対してできる特殊な技術の対価であるかもしれません。芸能というお仕事ならば自分のプライベートを売っての対価であったりもするでしょう。

職業に貴賎はない、と昔の日本人は言いました。実際のところ売春など道徳的に鑑みてどうかと思う基準は存在しますが、働いて得たお金は尊いものです。なぜなら自分の出来うる能力を「売って」得たお金だからです。



何が言いたいかというとだな…、「働いてない俺勝ち組」みたいな発想はやめろと!

働いてなくても人間が生きていく上で必要なインフラを使用するための最低限のお金は動いています。年金や保険料、電気ガス水道。一体だれが払っていると思っているのでしょう?「汗水たらして単純労働しろ」と言っているのではありません。この国で生きていくためには自分のできる範囲で努力をしましょう、と言っているのです。



社会的弱者は社会全体で保護して当然ですが、本当の社会的弱者に該当しないものが大声あげて主張するなと!

第二次世界大戦後、どんな思いで我々の前の世代がこの国を作ってきたか。本当の貧しさはこの国にはない、ということが理解できない人の何と多いことか。



人をだまして金を搾取するような奴は恥を知れと!

楽して効率よく人をだましてお金を巻き上げようとする輩の何と多いことか。自分さえよければそれでいいという考えの持ち主が何と多いことか。



私がもう少し若くてオタクでなかったら政治家になりたいところです。
おっさんのオタクでは政治家は無理☆


にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村 コレクションブログへご協力よろしくお願いいたします。


banner_01.gif
人気ブログランキングへいつもありがとうございます。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< 今年の運は使っていません | ホーム | 千の偽り、万の嘘 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。